あぼろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女ヒッチハイク一人旅【第5話:神戸で早朝ヒッチハイク作戦】~暇なOLが名古屋から鹿児島までヒッチハイクした話~

神戸で早朝ヒッチハイク

さて、2日目です。

この日はラッキーなことが続き、鹿児島まで一気に距離を縮めます。

前日神戸泊からの、観光とか一切せず練り練りした作戦内容。

 

スタバでたてた作戦は、5時起きで早朝ヒッチハイク
とにかくパーキングエリアに入ってしまえばなんとか捕まえられるから、
いち早く高速に乗る必要があるとわかったので、
5時起きで高速の入り口に張り付いてヒッチハイクをしようと考えました。
また、早朝ならドライバーさんもそんなに急いでいない、
そして、早朝から出かける人はわりと遠くに行く人だろうと考え、
この作戦に。

 

 

 ということで、朝5時に起きました。

準備して、6時に宿を出て、

前日リサーチしておいた宿から徒歩数分の高速の入り口までスーツケースガラガラ引いて歩きます。

 

 

朝6時の神戸の街

f:id:tokyool:20160831091753j:plain

ヒッチハイクポイントはこちら。

f:id:tokyool:20160831091618j:plain生田川インター前。

 

 

左折して曲がってICに入る車を狙います。

今日はなんとか博多までいきたい。とにかく早く高速にのらないと。

ひとまず「姫路」とかいたスケッチブックを持ってIC前に立ちます。

車通りめっちゃ少ない。

20分くらいスルーされて、一度通り過ぎた車がもう一度目の前で止まりました。

 

チャンス!!!!

 

「姫路」アピール。そしたら窓が開き、軽自動車の中には4人の体格のいいよく日に焼けた男性の方。

「逆!逆!」と笑いながら言われ、

よく見たらずっと姫路の文字さかさまでアピールしてたwwww

 

 

お兄さん「ヒッチハイク?」

私「そおなんです!都内から来てて、九州までいきたいんです!」

お兄さん「後からなら乗せてあげてもいいんだけど、、」

私「どんくらいあとですか?」

お兄さん「30分くらいかな。」

私「ぜひ!!!!ここで待ってていいですか?」

お兄さん「わかったー、あとでね」

 

 

ヒッチハイクはじめて30分。やったー!!

でも、お兄さんたちがわざわざここまで戻ってくる義務なんてありません。

もし、戻ってこなかったら?

でも、戻ってきてくれたときに私がいなかったら超失礼です。

結果、1時間待って、来なかったら切り替えてヒッチハイク再開しようと決めました。

 

 

30分経過。来ない。まあ車だし時間通りは難しいよね。

45分経過。来ない。平日の朝だし遅れてるのかも。。

50分経過。。。。こな、い、

「ごめんごめん、おそなった」

わー来たーーーー!!!!!!

 

人を信じるって、素敵やなあ、、と幸せな気持ちになりました。

 

 

乗せてくださったのは30代のとび職の方。

建設物の足場を作ってるそうです。

今は建物の都合上、夜中の作業で、丁度仕事して神戸の家に帰るところだったとか。

つまり、そのまま家に帰るだけだったのに、全く用事も何もない姫路まで、1時間かけて乗せてくださったんです。

なんといういい人。コンビニでお茶も買ってくださいました。

さっきは同僚を車で家まで送ったあとに戻ってきてくれたそうです。

私がいないんじゃないかと思ってたけど、同僚の方に「戻ってあげなよ!」と言われて戻ってきてくれたそう。

同僚の方、ありがとうございます;_;

 

 

朝の通勤ラッシュなのか、少し混雑していて約2時間かかりましたが、

お仕事の話や九州の話も教えてくださり、楽しい時間を過ごせました。

車の運転が好きで、鹿児島まで車で10時間かけていったこともあるんだとか。

 

正直、福岡にいけたらもういいかな、、という気持ちになりかけていたので

「鹿児島までぜひいってください!」と言っていただき再度モチベーション回復!

 

 

社会の授業でよく出た、標準子午線通過!!!!!

f:id:tokyool:20160831091554j:plain

 

 

姫路の少し先の兵庫県たつの市にある龍野西サービスエリアまで乗せてくれました。

ありがとうございました★

 

 

★現在進捗状況★2日目9:00

f:id:tokyool:20160904233940p:plain

今回移動距離:83.2キロ

総移動距離 :304キロ

 

 

次回はさらにラッキーなことが!

鹿児島まで、いける気がする!

 

 

次回は龍野西SAからのヒッチハイク!とても長い距離を乗せてくれる方に出会えました!