あぼろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女ヒッチハイク一人旅【第2話:地元で挫折】~暇なOLが名古屋から鹿児島までヒッチハイクした話~

本郷IC~いきなり挫折~
 
 
さて、周りの反対を押し切ってヒッチハイクする!といったものの、
前日になると
「どうしよう、そんなんできるのか、、、でもみんなに言ったからには引き下がれない」
というテンション。モチベーション低めのスタート。
 
 
 
朝早く起きて出発しようと思っていたけどうだうだしてしまい11時頃家を出ました。
ネットで地元の名古屋からのヒッチハイク場所をリサーチ。
調べてみると私の実家から近い本郷ICがスポットのようです。
ネットでは本郷ICではICの配置的にヒッチハイクが非常にしにくい。
数々のヒッチハイカーがあきらめたり、困難にぶちあたっていました。
しかし、「まあなんとかなるか」と本郷ICへ行くことに。
これが後々後悔をよびます。。
 
 

 

本郷IC前は四車線あり、高速入るのは右から2番目。
つまり、歩道側でボード掲げても
高速に入る車は99パーセントとまらない!というかとまれない!気づかない!
 
 
どうしようと遠目で観察していたら、
歩道よりは中央分離帯の方が高速入る車に近い。
ここで信号待ちしている車をヒッチハイクしよう。
そう決めたけれど、中央分離帯に行くまでの横断歩道で、足がすくみます。
車ブンブン走っていって、この中でボード掲げるのかと考えると、怖い。
 
 
信号が5回ぐらい変わって、やっと中央分離帯へ。
ここがさらに怖い。中央分離帯は片側4車線のど真ん中。
信号が止まると何十台もの車の真ん中にいて、
全部のドライバーが私を見ているような気がする、、、笑
 
 
中央分離帯からの景色はこんな感じ↓
 
f:id:tokyool:20160830204853j:plain
 
 
ここでもボードを掲げることが怖くて、ずっと携帯見るふりww
チキンです。ごめんなさい。
2~30分くらい逡巡して、やっと覚悟を決めて、「大阪方面」と書いたスケッチブックを掲げます!
 
 
・・・誰もとまらない。
 
 
まあそうなんです。高速のすぐ手前で、とまれるわけないんです、、、
そこで信号が赤になったときにドライバーに見せてみることに。
見ても華麗にスルー。。。
 
つらい。
 
 
”こんなんで鹿児島まで行ける気がしない、、、もう新幹線で東京に帰っちゃおうか。”
 
 
そんなことを考えてると、目の前で信号待ちしている車のドライバーがこちらを見て何かはなしている。
試しに手を振ってみると、申し訳なさそうにNGサイン。
そして、信号が青になり、動き出すとともに、後部座席の窓が開いて
 
「大阪いくなら東名じゃないぞー!」と言われました。
 
 
・・・
そう、私、車乗らないから高速事情よくわからないんです。
グーグルマップでは本郷からでも東名のって、伊勢湾岸乗っていけるはずなんだけど、、、
もう、よくわかりません。気づけば13時。家出てから2時間経っている。
根気のない私は、ここでヒッチハイクしてても無駄じゃないかと思うようになりましたww
 
 
スケッチブック掲げるより、高速のPAで個別に声かけていったほうがいい気がする。
ということでいきなり裏技発動w
一般道から入れる、というか駅からシャトルバスさえ出ているサービスエリア、
ユニバの次に入場者数の多い遊園地!知る人ぞ知る、刈谷ハイウェイオアシスにいこう!!!作戦。
名古屋から刈谷まではまあまあ距離あるけど、
でも鹿児島からは遠のいているから、いいよね?と謎に納得。
 
 
即効本郷駅に向い、
本郷駅→名古屋駅刈谷駅→バスで刈谷ハイウェイオアシスへ
所要時間、1時間半。
移動中、
ヒッチハイク初めて約3時間。何も成果を出せていない。
車乗せてもらうどころか公共交通機関乗ってる・・・
私は一体何やってるんだろう、帰りたい、、、
という気持ちと戦い続けていましたw
 
しかし、きっと
成果を出す人と出さない人の分かれ道なんだと、
自分に言い聞かせて刈谷ハイウェイオアシスへ向かいます。
 
 
いきなり裏ワザ発動、諦めの早い暇なOLは果たしてヒッチハイクできるのか?
次回は刈谷ハイウェイオアシスで初のサービスエリアヒッチハイクです!